Future

文継が目指す未来について

文継が目指す未来

文継が目指す未来

文化と経済は繋がっています。商材やサービスの文化性を認識し、正しく文化を表現することが経済的な価値になります。文化的に豊かな生活を送るだけでは、資本主義を生き抜けません。また、現代はかっこよく稼げる仕事でないと若者が従事しないことも事実です。

既存事業を見直す方も、新規事業を立ち上げる方も、自分の事業が担う文化とは何であるかを起点に事業構築をすることが当たり前の未来にしていきたいと考えています。

そうすることで、すべての人が日本文化に携わる社会になり、海外からも日本が文化の国であると認知され、日本が世界を生き抜く勝ち筋を見つけることができると信じています。

文継のこだわり

文継のこだわり
  • 01 文化と経済の両立を最優先。経済性が強く大きく儲けることができても、「文化継承」に貢献しない施策は提案しません。

  • 02 徹底的な伴奏支援。アドバイスをするだけのコンサルティングではなく、一緒に手足を動かし汗をかきます。成功の型を見つけ、マニュアル化し、事業者様が単独で実施できる仕組みを構築します。

  • 03 グローバルかつ未来志向の経営支援。世界中に偏在する弊社のパートナーが多様な視点で事業支援をします。未来に大きな花が咲く事業を起こし、外貨を稼ぐことも忘れません。

フィロソフィー

MISSION

すべての人が日本文化に携わる社会にする

VISION

文化の国、日本。

VALUE

1 グローバル:世界から日本をみよ
世界を知っているからこそ、日本固有の文化の価値がわかる。
日本文化という地域密着で局所的なものこそ、グローバルで大局的な視点で見つめよう。
世界にはない、日本にしかない文化を、日本文化が紡いできた思想を掘り起こせ。

2 感動:目の前の人を深く感動させよ
唯一無二の日本文化に対して抱いた感動を。
周りの人から、1人ずつ、深く共感してもらおう。
1人1人の共感が大きな渦となり、日本を包み込む波動に変わり、やがて世界を席巻する。

3 未来志向:今より未来に評価される人であれ
22世紀を見据えた事業である。短期間で成果が出ないことを気にするな。
100年先を見据え、じっくりゆっくりと醸成させていく。
未来に向けて積み重ねている実感を大切にしよう。